肝の機能

現代医療今年のコラムは、東洋医学で「五臓六腑」と言われる内蔵の見方について書いています。内蔵については一般的に現代医学の解剖学的見方が定着しているため、東洋医学の機能論中心の考え方は理解しづらい面があります。見た目の形よりも、その内臓の働きを重視しています。

内臓の働きと言うと生理学になりますが、化学の考察のない時代に作られましたから、目に見える形での体や心の変化を基準に考えています。

非科学的な感じがするかも知れませんが、実際に治療をしていますと、納得できることがたびたびあります。

東洋医学では、五臓六腑を目に見える外観だけでなく機能を含めて考えますから、肝臓は「肝」と呼びます。同様に五臓は「臓」を取って呼んでいます。ですから「肝」と言った時は、肝臓そのものと肝臓の機能を含めた呼び方になります。

肝は将軍の官と呼ばれます。心(心臓とその機能)が君主の官ですから、肝は第一の側近になります。それほど重要な役割を持つ臓器です。具体的な機能としては、消化吸収を助け、血液の循環や精神的活動、筋肉の働きなどを支配します。

病気の徴候が現れやすい体の部位は、爪・目・筋肉です。爪にすじが出たり波打ったりするときや視力が低下したり、目の症状があるときは肝の機能低下を疑います。筋肉が弱くなるのも肝が弱っていると考えます。

千年灸ぎっくり腰は直接的には背骨がずれて神経に触ることで痛みが起きますが、大本の原因として肝の機能低下による筋肉の弱りが考えられます。眼病も肝の機能低下として治療すると効果が出る場合が多々あります。

肝の機能低下が起きると精神的にも変化が出てきます。いらいらしたり、怒りやすくなってきたら肝を疑ってください。

 

東洋医学では胆嚢は肝と極めて深い関係があるとし、肝が病む前に胆嚢に反応が出ると言います。肝が陰、胆嚢が陽で表裏の関係になります。肝の治療をするときは、表の胆嚢から始めるのが定石です。

胆嚢の治療が進みますと肝の機能が向上します。自覚的には元気が出たり、目のかすみが取れたりします。免疫力も向上し、病気になりにくくなります。血液検査の数値が改善される人もいます。

当院は肝の治療を得意としています。ご車いすのお爺さんと看護師自分の健康についてご不安をお持ちの方は、痛みも副作用もない気功治療を是非お試し下さい。

はじめてご来院される方々を対象にキャンペーンを行っていますので、詳細は当院へお問い合わせください。