腰の痛み

腰痛腰痛が起きる原因はさまざまです。

姿勢性腰痛、筋・筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛、椎間板ヘルニア、
脊柱管狭窄症、内臓性など数え上げれば、他にもたくさんあります。

腰椎(腰の背骨)は第一腰椎から第五腰椎まで五つあります。

背骨は首から腰までを横から見ると、S字カーブをしています。
第一腰椎の辺りは、前に出てお尻に向かうに連れて後ろに曲がって
いきます。これを生理湾曲と言ったりします。生理湾曲が崩れて
腰椎がずれると、脊椎分離すべり症です。

 

腰椎の間には軟骨があります。これがつぶれて脇に飛び出し神経を刺激すると、椎間板ヘルニアです。

腰椎の背中側に神経が走っています。神経の走る通路は脊柱管と言いますが、この脊柱管が変形して
神経にさわると、脊柱管狭窄症です。
神経が枝分かれして腰椎の間から出ていきますが、この辺りの筋肉が炎症を起こし神経を刺激したのが
筋・筋膜性腰痛です。

このように原因・状態により様々な疾患名がついています。

現代医学では温熱療法、通電療法、薬や湿布による痛み止め、手術といった治療を行います。
温熱療法や通電療法は東洋医学に近い治療法です。腰痛は以前のコラムで述べた膝の痛み同様、
東洋医学が得意とする疾患です。

東洋医学では、腰痛を腰だけの疾患と診ません。
腰痛を起こす以前の体の不調を含めて、原因を診ます。大抵は、肝臓の疲れにより筋肉が弱まり
体を支えきれなくなっていることが、原因の一つです。(肝臓の機能には筋肉を強める働きがあります。)
もう一つの原因は、内臓が冷えて気血の巡りが滞ったことによります。
(気の巡りが滞ると痛みが出ます。)

ぎっくり腰はじめに述べたように、腰痛には様々な原因と状態が
ありますが、医療気功の治療ではそれぞれの疾患名に対して異なる対応をしません。
治療のポイントは、肝臓の機能を高めることと
内臓の冷えを取ることの二つに絞られます。
逆を言えば、いくら腰だけ治そうとしても肝臓と冷えが
治らなければ腰痛は簡単に再発します。

医療気功では、以前のコラム「膝の痛み」で述べたように、背骨の調整、気の巡りの調整、内臓機能の調整を同時に行います。

 

全身のバランスが取れると自然治癒力により腰痛はすっかり良くなります。
薬による副作用も当然ありません。

神経の圧迫や損傷、内臓の機能低下などは細胞や組織の再生に時間がかかるため、
腰痛の原因を取り去っても、完治するまではしばらく時間がかかります。
特に神経は、神経痛がしばらく残る場合があります。
しかし、この神経痛も定期的に治療を続けると治ります。

若い方の腰痛は起こしてすぐに治療すれば、それだけ早く治ります。
しかし、ある程度年を重ねた方では、腰痛になるのは様々な原因がからんでいますから、
それなりに時間をかけてじっくり治療されることをお勧めします。

腰
当院では、体に無理がないように、強い刺激を与えずに治療しています。

気功治療には、リラクゼーションの効果もありますから、患者様は皆様気持ちもスッキリしてお帰りいただいております。是非一度お試し下さい。