膝の痛み

膝の痛みは通常「関節炎」の部類に入ります。
スポーツ傷害によるものをはじめ痛風・リウマチ、骨粗相症、神経・血管性・・・ と原因や状態は様々です。

お年寄りここでは、「変形性膝関節症」に絞り東洋医学の
治療法を述べます。
これはいわゆる膝の痛みで、年齢とともに
関節の変形が原因で起きる疾患です。

医者から「加齢です」と言われる膝の痛みです。

西洋医学では痛み止めの湿布や薬を処方しますが、
この疾患は東洋医学が得意とするものです。

東洋医学では、痛みは気の巡りが滞ることにより発生すると考えます。
すなわち、痛みがある所は気が流れなくなっている箇所だとします。
気の流れを止めている原因を調べ、そこを治療すると、気が再び流れ出し痛みが取れます。

体のバランスが崩れると気の巡りが悪くなり、ある限度を超えると痛みが発生します。
膝の痛みをかかえる方々の多くに、脊柱(背骨)のズレが認められます。
膝の痛みが先か脊柱のズレが先かは人それぞれですが、脊柱のズレが膝の痛みを悪化させるだけでなく
他の疾患を併発することもあります。

骨格標本当院では、まず脊柱の調整をします。
膝の痛みがでると膝をかばうため、ほぼ必ず脊柱にズレがでます。

痛みが出て早いうちはすぐに戻りますが、大抵は慢性化していて
ズレた状態が固定しています。
そうなると、戻るまでに少し時間がかかります。

脊柱の調整だけでは、痛い膝に体重がかかって痛みが増すので、
平行して経絡(つぼのつながり)の治療をします。これにより、
気の巡りが良くなります。すると痛みが消えていきます。
気の巡りを悪くしているのは膝だけではないので、
全身の気の流れも調整します。

 

脊柱の調整と気の巡りの調整が出来ると、次に内臓機能の正常化の治療に移ります。
膝の痛みが出て脊柱がズレると、神経や内臓を圧迫するだけでなく、精神的ストレスになります。
そのようなストレスは、肝臓に影響し肝臓の機能低下がおきます。
東洋医学では、肝臓には筋肉を強める働きがあると考えます。

筋肉が骨をしっかり支えないと、膝の関節や脊柱は守られません。
肝臓の機能を回復させることで、膝が守られるだけでなく、全身の代謝が良くなり、
バランスがとれてきます。
このような治療で痛みはほぼ取れます。治療期間は人それぞれですが、痛みが出て早いほど
早く治るようです。

足を組む

以上のように、東洋医学では膝だけを診ずに、全身の治療を通して
痛みを治療していきます。
膝の痛みが出るのは、長い時間がかかっていますから、治すのも
少し時間をかけることになります。

当院で行っている医療気功は、脊柱の調整、気の巡りの調整、
内蔵機能の調整を、同時並行で一度に行います。
それでも治していく手順があり、最初から奥深くにある原因に
近づけません。

数回の治療で驚くほどの改善がみられますので、
是非一度お試し下さい。