陰と陽

太陽東洋医学の根底には陰陽の考え方があります。

陰陽論は二元論に間違われやすいですが、相対論です。
今見ている対象と比較する他の対象の関係で陰陽を
考えます。

たとえば夫と妻では、夫が陽、妻が陰です。しかし、妻と子では妻が陽、子が陰です。妻の体の表面は陽で内部は陰です。このように何かひとつの対象を陰や陽として固定することはできません。

季節の巡りを陰陽の考え方でみてみましょう。陽が極まった夏の気に陰の気が入り込んでくる時期が秋です。
そして、来るべき冬に向けて備える時期でもあります。

天の気というのは宇宙の働きで陽です。地の気は地球の働きで陰です。天の気が地上に降りて地の気と混じり
生命が誕生したと考えます。

月冬至は天の気が最も少ない時期です。陰が極まっている時です。そこから天の気が少しずつ加わり春になります。
更に天の気が増えると夏至になります。夏至からは地の気が増え始め冬至に向かいます。秋は天の気が減り地の気が増えてくる時です。

地上では天の気の巡りに後れて陰陽の極みがやってきます。一年で最も寒いのは冬至ではなく一月末から二月初めの節分の頃ですし、一番暑い時期は夏至ではなく立秋前後になります。易学では一年の変わり目(新年)を節分にしています。

東洋医学では体の陰陽のバランスを取ることを目標にしています。バランスが取れれば病気は治るだけでなく
病気になりません。

紅葉私たちが体調を崩し病気になるのは陰陽のバランスが崩れるからですが、その原因で大きな割合を占めるのが季節の変化です。

季節の変化に身体がついていかないと陰陽のバランスが
崩れて体調を崩します。季節の変化についていけない上に
更に精神的なストレスや不摂生が加わると病気になります。

 

気功治療は体のバランスを取るのに極めてよい治療法です。当院では医療気功研究会の治療方法で施術を行っています。慢性的な病気は少し回数が多くなりますが、大抵の病気は数回の治療で好転します。
是非一度お試しください。